• 介護施設の種類はどのようなものがあるのか

    • 高齢化社会が益々進んでいる日本においては、もはや介護問題は対岸の火事ではありません。



      核家族化や高齢者の単独世帯も増えている現代社会においては、家族や親せき、近隣住民などの地域扶助の力だけで介護を行うのはもはや現実的ではありません。平成12年4月より施行されている介護保険法により、40歳以上になれば介護保険料を支払う義務が課せられましたが、65歳以上になり介護が必要な状態になれば(一定の条件を満たせばそれ未満であっても)介護保険を利用してわずかな自己負担で介護施設などの介護サービスを利用できる仕組みが確立されました。心身の状況や家庭環境、介護の必要性の度合いなどにより介護施設の種類は様々なものがあります。

      エキサイトニュース情報が探せます。

      それでは、どのような種類の介護施設があるのでしょうか。

      自宅にヘルパーが訪問してくれて、家庭の中で介護や日常生活の支援を行ってくれるサービスは訪問介護です。
      利用者が入居したり出向いて利用する施設とは違いますが、非常に重要な役割を果たしています。決まった曜日などで日中に事業所に行って入浴、食事、リハビリ、レクレーションなどのサービスを利用できるのはデイサービスやデイケアサービスです。


      車両による送迎も行ってくれるため、安心して外出が出来ます。

      介護を行っている家族の介護休暇や、家族が不在時に一人で自宅で生活できない時などに利用されるのはショートステイサービスです。
      介護施設で一定期間宿泊して介護が受けられます。その他、在宅での生活が困難な場合は、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの入所施設もあります。



      特別養護老人ホームなどは費用負担も少なく、入居希望者が多数いて何年も待機期間がある場合もあります。

  • わかりやすい情報

    • 介護施設を利用する際に必要なこと

      介護施設は主には入居系施設と通所系施設に分類することができます。そして入居系施設は、地方自治体や社会福祉法人などが運営している特別養護老人ホーム、民間企業が運営している有料老人ホームなど、更に細かな種類に分類することができます。...

  • 意外な真実

    • 知っておきたい介護施設の種類

      介護施設には様々な種類があり、その種類に応じて違いがあります。介護保険の要介護認定や要支援認定の程度によっては、ある種類の介護施設を利用することができないと言うこともあるので、種類を知っておくことは重要なことです。...

  • これからの社会・社会の常識

    • 老人ホーム紹介を受ける時には

      日本は長寿大国と言っても過言ではありません。男性の平均寿命より女性の方がまだまだ長い状況はありますが、医療技術の進歩の含め先進国の中でも長寿の国として認識されています。...

    • 老人ホーム紹介のサイトを活用する

      老人ホームはたくさんあるので、自分に合ったところを見つけるのは簡単ではありません。老人ホーム紹介のサイトを活用して、見つけるようにしましょう。...